山梨イベント・お祭り・フリマ情報

  • 山梨のガイドブックに載っていない地元のイベント情報をみなさまにお届けします。
山梨のイベント・お祭り・フリマ情報サイト
 
やまなし販路開拓
支援事業協同組合
〒409-3867
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地
TEL.055-236-6111
FAX.055-233-8300
 
qrcode.png
http://yscm.jp/
モバイルサイトにアクセス!
005591
 
 

山梨イベントカレンダー

山梨イベントカレンダー
 
2017-02-15

釈尊涅槃会


 
2017-02-14

ハウス桃宴~日本一早いお花見

2月14日(火)~3月5日(日)頃(予定)

毎年好評につき多くのご来場をいただいております「ハウス桃宴」を2017年も開園します、平均25℃に温度管理されたビニールハウスの中で冷たい北風や雨を気にせず一足早い春を楽しみませんか。
2月14日の開園初日は入園無料!

■開園期間:平成29年2月14日(火)~3月5日(日)頃(予定)

■開園時間:10:00~15:00

■入園料:1人500円(ジュース付き) 
※小学生以下は無料(ジュース無し)※団体1人300円(10人以上)

■注意事項:
①飲食物の持ち込み自由です
 (バーベキュー等の火気使用は出来ません)
②花を摘んだり、枝を折ったり、木に登らないで下さい。
③仮設トイレ、シート、テーブル、机、イスは用意してあります。
④ゴミは持ち帰りになります。
 


 
2017-02-13

塩澤寺 厄除地蔵尊大祭

2月13日正午から14日正午

 塩澤寺のお地蔵さんは、二体のご本尊(秘仏808年建立・開扉仏1050年建立)のうち、国の重要文化財指定の地蔵堂に安置されている開扉仏の石造地蔵菩薩像(県指定文化財)が、2月13日正午から14日正午にかけての24時間は耳を開き、善男善女の願いを聞き入れ、厄難を逃れることができると言われることから、大祭当日は全国各地から多数の参拝者で賑わいます。
 厄年の男女が、年の数だけ1円玉やあめ玉などの丸い物をお地蔵さんにお供えすると厄を免れるといわれ、今でもこの風習は続いています。
 願いを聞いてくれるお地蔵さんは、全国でも珍しい石心木仏でうるし塗り、金箔押しで、県の文化財にも指定されています。

日時:2月13日(月)正午~2月14日(火)正午まで
場所:塩澤寺(甲府市湯村3丁目17-2)
お問合せ先:塩澤寺 055-252-8556


 
2017-02-13

愛染厄除け地蔵尊祭

/02/13 (月)~2017/02/14 (火)

富士吉田市下吉田東町の愛染川岸にある『厄除け地蔵』で愛染厄除け地蔵尊祭が行われます。
毎年2月13日12時から14日の12時まで、24時間、地蔵尊の耳が開き、善男善女の願いを聞き入れ厄難を逃れることができると伝えられます。
参拝者は団子を供えて祈願参拝し、厄払いをしてもらいます。
特に厄年の人は年の数だけダンゴを作りお供えします。護摩が焚かれ、露店が建ち毎年1万人以上の人が訪れます。
特に愛欲にまつわる煩悩を救って悟りの方向に導いてくださる地蔵尊で、この仏を信仰すると人からは、敬愛され災難を転じて幸福をもたらす功徳が得られると伝えられています。
富士五湖地方はこの祭りを境に春へ向かいます。

●愛染地蔵尊(柏林地蔵尊)の因縁  
この地蔵尊は、文明14年(1482年)に造立されました。
古来より月江寺の攝末杜堂の一つとして月江寺に所属し、御本尊の地蔵尊は木彫の立像で御大は五尺餘です。
佛師は明らかではありませんが、古くから富士登山道者が第一の精進場と称してそこで垢離を浄め潔斎した場所で古来から役銭所となっていました。
寛永八年(1631年)住職大岩和尚の時代に鳥居土佐守一族が篤く帰依して危除病癒を祈願したことからその霊顕は関東一円に広まり、近郷の人々の深い尊信を得て来ています。

■開催期間
2017/02/13 (月)~2017/02/14 (火)

■場所
愛染地蔵尊(柏林寺)
山梨県富士吉田市下吉田8丁目4-3


 
2017-02-11

◎ 建国記念の日


<<やまなし販路開拓支援事業協同組合>> 〒409-3867 山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地 TEL:055-236-6111 FAX:055-233-8300