山梨イベント・お祭り・フリマ情報

  • 山梨のガイドブックに載っていない地元のイベント情報をみなさまにお届けします。
山梨のイベント・お祭り・フリマ情報サイト
 
やまなし販路開拓
支援事業協同組合
〒409-3867
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地
TEL.055-236-6111
FAX.055-233-8300
 
qrcode.png
http://yscm.jp/
モバイルサイトにアクセス!
012582
 
 

山梨イベントカレンダー

山梨イベントカレンダー
 
2019-02-13

愛染厄除け地蔵尊祭

13 (水)~02/14 (木)

富士吉田市下吉田東町の愛染川岸にある『厄除け地蔵』で愛染厄除け地蔵尊祭が行われます。
毎年2月13日12時から14日の12時まで、24時間、地蔵尊の耳が開き、善男善女の願いを聞き入れ厄難を逃れることができると伝えられます。
参拝者は団子を供えて祈願参拝し、厄払いをしてもらいます。
特に厄年の人は年の数だけダンゴを作りお供えします。護摩が焚かれ、露店が建ち毎年1万人以上の人が訪れます。
特に愛欲にまつわる煩悩を救って悟りの方向に導いてくださる地蔵尊で、この仏を信仰すると人からは、敬愛され災難を転じて幸福をもたらす功徳が得られると伝えられています。
富士五湖地方はこの祭りを境に春へ向かいます。

●愛染地蔵尊(柏林地蔵尊)の因縁
この地蔵尊は、文明14年(1482年)に造立されました。
古来より月江寺の攝末杜堂の一つとして月江寺に所属し、御本尊の地蔵尊は木彫の立像で御大は五尺餘です。
佛師は明らかではありませんが、古くから富士登山道者が第一の精進場と称してそこで垢離を浄め潔斎した場所で古来から役銭所となっていました。
寛永八年(1631年)住職大岩和尚の時代に鳥居土佐守一族が篤く帰依して危除病癒を祈願したことからその霊顕は関東一円に広まり、近郷の人々の深い尊信を得て来ています。

■開催期間
2019/02/13 (水)~2019/02/14 (木)

■場所
愛染地蔵尊(柏林寺)
山梨県富士吉田市下吉田8丁目4-3


 
2019-02-11

◎ 建国記念の日


 
2019-02-11

ひな飾りと桃の花まつり

2月11日~平成31年4月18日まで

毎年、ご好評をいただいております「甲州市 えんざん桃源郷 ひな飾りと桃の花まつり」。
数ある展示会場のうち甘草屋敷では、江戸・明治・大正・昭和各時代のひな人形と甲州をイメージしたつるし飾りを展示します。
塩山桃源郷の桃の花の見頃は4月上旬~中旬で、3月下旬~4月上旬には「慈雲寺のイトザクラ」も見ごろとなります。
みなさまのお越しをお待ちしております。
■開催場所
甘草屋敷(甲州市塩山上於曽1651)
■ 開催期間
平成31年2月11日~平成31年4月18日まで
■お問合せ先
甲州市観光課(0553-32-2111)


 
2019-02-10

十日市

10日(日)、2月11日(月・建国記念日)

十日市は毎年2月10、11日に開催される祭典です。

「十日市で売ってないものは、猫のたまごと馬の角ぐらいだ」
という程、沢山の品物が売られています。
十日市付近には500もの店が並び、買い物を楽しむ人たちの笑顔で溢れています。
なんと毎年数十万人もの来場者が参加するというまさに春を呼ぶ風物詩のイベント!!

名物である木工品の杵と臼や縁起物の甲州だるまのほか植木や食べ物などなど、たくさんのお店が軒を連ねます。

お店の人と交渉しながら買い物をするのも楽しみのひとつ。
きっと十日市に来れば、うれしいたのしい出会いがいっぱいありますよ。
日時
平成31年2月10日(日)、2月11日(月・建国記念日)
場所
県道 韮崎南アルプス中央線 南アルプス市十日市場地区
南アルプス市南部学校給食センター ~ 三田駐在所

※詳しくは南アルプス市役所HPをご覧ください。


 
2019-02-09

井出醸造 甲斐の開運「新春蔵開き」

9日(土)、10日(日) 午前10時から午後3時

富士河口湖で唯一の造り酒屋「井出醸造店」で、今年も蔵開きが開催されます。
蔵開き限定酒をはじめとするお酒の試飲・販売や飲食ブースの出店、蔵案内、その他様々なイベントを企画しています。

■開催日
2019年2月9日(土)、10日(日)
午前10時から午後3時

■場所
井出醸造店
富士河口湖町船津8

■入場料
入場料 500円(小学生以下無料)


詳しくはお問い合わせください。
【お問合せ】
井出醸造店 0555-72-0006


<<やまなし販路開拓支援事業協同組合>> 〒409-3867 山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地 TEL:055-231-1100 FAX:055-233-8300