山梨イベント・お祭り・フリマ情報

  • 山梨のガイドブックに載っていない地元のイベント情報をみなさまにお届けします。
山梨のイベント・お祭り・フリマ情報サイト
 
やまなし販路開拓
支援事業協同組合
〒409-3867
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地
TEL.055-236-6111
FAX.055-233-8300
 
qrcode.png
http://yscm.jp/
モバイルサイトにアクセス!
013971
 
 

山梨イベントカレンダー

山梨イベントカレンダー
 
2019-08-09

忍野八海祭り

8月8日

■毎年8月8日に開催される村一番のイベント
村人たちが燃える熱い一日。忍野にはそんな新旧さまざまの祭りがあります。毎年8月8日に盛大に行われるのが「八海祭り」。祭りとしての歴史はまだ三十余年ですが、村の平和と繁栄を祈念して忍野八海の守護神「八大竜王」を祀る全村的なスケールの夏祭りです。

■おごそかな式典
式典には、多数の御来賓や忍野村関係者が参加し、宮司による神事や村長のあいさつ、中学生による竜王名・和歌を朗詠などが行われます。

■数々の催し
学校の校庭を会場にして、「キャラクターショー」や「北富士天王太鼓」、「盆踊り」などが行われ、多くの子どもたちが笑顔になります。

■祭りの最後は花火
夜空を赤く染める花火には、村外から集まった多くの観衆から拍手と歓声が沸き上がり、静寂な高原の夜に響きわたります。
また、悪霊を追い払い、全ての動植物の新しい芽吹きを呼び寄せて村民の幸せと村の平和・繁栄を祈念する、高座山「八文字焼」は圧巻です。
クライマックスは大玉花火から始まり、音楽に合わせて上がるミュージカルレーザーショーなど、魅力あふれる花火が見ものです。

村に古くから伝わる代表的な祭りとしては、内野浅間神社の例祭(4月第3日曜日)と、忍草浅間神社の例祭(5月3日)、忍草諏訪神社の例祭(9月20日)がそれぞれ執り行われます。例祭にはそれぞれの地区で神輿が繰り出し、獅子舞神楽などの伝統芸能が奉納されます。
さらに、八幡宮や天狗社においても秋の例祭には神楽や相撲が奉納されます。大きな祭りの興奮に包まれるのも祭りの醍醐味。小さな村祭りの風情もまた味わい深いものです。


第41回忍野八海祭り

開催日:令和元年8月8日

詳しくは下記問い合わせへご確認ください。

※当日はかなりの混雑が予想されます。
車でお越しの際は、乗り合わせなどでお越しください。


 
2019-08-08

○ 立秋


 
2019-08-08

忍野八海祭り

■毎年8月8日に開催される村一番のイベント
村人たちが燃える熱い一日。忍野にはそんな新旧さまざまの祭りがあります。毎年8月8日に盛大に行われるのが「八海祭り」。祭りとしての歴史はまだ三十余年ですが、村の平和と繁栄を祈念して忍野八海の守護神「八大竜王」を祀る全村的なスケールの夏祭りです。

■おごそかな式典
式典には、多数の御来賓や忍野村関係者が参加し、宮司による神事や村長のあいさつ、中学生による竜王名・和歌を朗詠などが行われます。

■数々の催し
学校の校庭を会場にして、「キャラクターショー」や「北富士天王太鼓」、「盆踊り」などが行われ、多くの子どもたちが笑顔になります。

■祭りの最後は花火
夜空を赤く染める花火には、村外から集まった多くの観衆から拍手と歓声が沸き上がり、静寂な高原の夜に響きわたります。
また、悪霊を追い払い、全ての動植物の新しい芽吹きを呼び寄せて村民の幸せと村の平和・繁栄を祈念する、高座山「八文字焼」は圧巻です。
クライマックスは大玉花火から始まり、音楽に合わせて上がるミュージカルレーザーショーなど、魅力あふれる花火が見ものです。

村に古くから伝わる代表的な祭りとしては、内野浅間神社の例祭(4月第3日曜日)と、忍草浅間神社の例祭(5月3日)、忍草諏訪神社の例祭(9月20日)がそれぞれ執り行われます。例祭にはそれぞれの地区で神輿が繰り出し、獅子舞神楽などの伝統芸能が奉納されます。
さらに、八幡宮や天狗社においても秋の例祭には神楽や相撲が奉納されます。大きな祭りの興奮に包まれるのも祭りの醍醐味。小さな村祭りの風情もまた味わい深いものです。


第41回忍野八海祭り

開催日:令和元年8月8日

詳しくは下記問い合わせへご確認ください。

忍野村役場 観光産業課

〒401-0592 山梨県南都留郡忍野村忍草1514(忍野村役場1階)

電話0555-84-7794 FAX0555-84-3717


 
2019-08-07

市川三郷町ふるさと夏祭り神明の花火大会

8月7日(水)  荒天の場合8日、9日に順延(雨天決行) 午後7時15分から午後9時まで(天候により変更あり)

毎年8月7日(花火の日)に開催され、県下最大規模を誇る神明の花火大会。目玉は全国でも数少ない2尺玉の打上げ。直径500mの大輪の花が開くと思わず震えてしまうほどの迫力です。

■日時
令和元年8月7日(水)
荒天の場合8日、9日に順延(雨天決行)
午後7時15分から午後9時まで(天候により変更あり)

■場所
三郡橋下流笛吹川河畔
(打ち上げ場所は、三郡橋と富士川大橋の中間)

■交通アクセス
車:中央自動車道甲府南IC~国道140号経由 通常約20分
中部横断道増穂ICより 通常約5分
(当日は時間帯によりかなりの渋滞が予想されます。)
電車:JR身延線市川大門駅から徒歩10分
※当日身延線の増発があります。

■大会規模
打上発数は約2万発です。
例年の人出は、約20万人です。
目玉は、全国でも数少ない2尺玉(約500mまで上昇し、直径約500mに開花する)の打上予定

■実施及び順延の決定
当日、判定委員会にて決定します。順延の場合は、町ホームページ、テレビ、ラジオ等でお知らせします。
 


 
2019-08-06

○ 広島原爆記念日


<<やまなし販路開拓支援事業協同組合>> 〒409-3867 山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地 TEL:055-231-1100 FAX:055-233-8300