山梨イベント・お祭り・フリマ情報

  • 山梨のガイドブックに載っていない地元のイベント情報をみなさまにお届けします。
山梨のイベント・お祭り・フリマ情報サイト
 
やまなし販路開拓
支援事業協同組合
〒409-3867
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地
TEL.055-236-6111
FAX.055-233-8300
 
qrcode.png
http://yscm.jp/
モバイルサイトにアクセス!
013742
 
 

山梨イベントカレンダー

山梨イベントカレンダー
 
2019-09-08

○ 白露


 
2019-09-07

牛倉神社祭典・入谷神社祭典

9月7日(土)~9月9日(月)

牛倉神社は、甲州街道と駅通り(県道35号四日市場上野原線)の間に位置します。創建は不明ですが、甲斐国志に永禄九年(1566年)に社殿再興の記録がありますので、歴史ある古い神社です。

この牛倉神社の祭礼が、毎年9月上旬の3日間行われます。須佐乃男命など、秋の実りをもたらしてくれる農耕の五神に感謝を捧げる祭りで、古くから地域住民の信仰を集めてきました。郡内三大祭りと言われ、数十基の神輿が町中を練り歩く様子は圧巻です。

■日程
2019年9月7日(土)~9月9日(月)
 
■場所
牛倉神社・上野原市上野原1602

■交通のご案内
最寄駅 JR中央線 上野原駅
上野原駅から富士急山梨バス「新町」バス停下車
※駐車場は特に用意しておりません。当日は周辺道路が交通規制されますので、現地の誘導員に従って迂回していただきますようお願いいたします。


 
2019-09-04

山中明神例大祭安産まつり

9月4日(宵祭り) 9月5日 本日、本祭り、例祭当日)

古来から、関東屈指の子授け・安産の御利益があると言われる「安産祭り」は、毎年9月の4日~6日にかけて行われます。
山中諏訪神社は、別名山中明神とも呼ばれ、豊玉姫を祭神とする安産守護の神様。夜祭のみこしをかついだ氏子の女性には、安産が約束されると言われており、古くから妊産婦や新婚女性が集まるお祭りとして全国的に知られています。本殿から御旅所へ向かい再び本殿に戻ったみこしが、「もうそろ、もうそろ」と御神歌を唱えながら境内をねり歩く様は圧巻。御神木を3回廻れば祭りも最高潮です。
場所 山中諏訪神社・南都留郡 山中湖村山中13

9月4日  ヨイマツリ(宵祭り)
9月5日  ホンビ(本日、本祭り、例祭当日)

◎御輿は五日の日のうちに本殿に安置されなければならない。安置すると、御輿を担いでいたオテンマの人々は湖に走り、湖水に浸かって「禊ぎ」をする

9月6日  アトマツリ(後祭り)

 

 

住所

南都留郡 山中湖村山中13山中諏訪神社


 
2019-09-01

○ 二百十日


 
2019-09-01

ふるさと時代祭り八朔祭

9月1日(日)午後2時~9時

八朔祭は、生出神社(おいでじんじゃ)の例祭として行われていました。この例祭に大名行列や屋台巡行が「付祭(つけまつり)」として加わった年代は確認できませんが、天保年間(1830~40年ごろ)の文書に古来より行われていたという記録がありますので、それ以前と推測されます。一説には、郡内領主の秋元氏が川越に転封の際(1704年)、行列道具一式を下天神町に置き土産として送ったことが由来と伝えられています。
八朔祭の「八朔」とは、旧暦で8月1日のことで、現在の暦では9月上旬に当たります。秋の種まきを終え、作物の収穫が近付く時期に、五穀豊穣を祈る祭りとして行われて来ました。

郡内三大祭りの一つに数えられる八朔祭ですが、華やかな大名行列や豪華に飾り付けをした屋台が有名です。和太鼓や神楽の調べに乗って、江戸時代にタイムスリップしたような光景をお楽しみください。

前日の8月31日(土)には、前夜祭として「宵祭り」が行われます。生出神社の氏子の四町が夜に屋台を曳行し、お囃子を披露します。


日時:令和元年9月1日(日)午後2時~9時

メイン通り:高尾町通り(谷村町駅から徒歩5分)
メイン広場:谷村第一小学校校庭(谷村町駅から徒歩3分)

※当日は、ドローン等の無人飛行機基の持込、操縦、撮影等を行うことはご遠慮ください。


<<やまなし販路開拓支援事業協同組合>> 〒409-3867 山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1666番地 TEL:055-231-1100 FAX:055-233-8300